ENTRY

INPEX PIPELINE RECRUIT

Message01

代表からのメッセージ

会社の歴史と成長

私たち(株)INPEXパイプラインは、親会社である(株)INPEX(旧帝国石油)が生産する国産天然ガスを輸送するパイプライン施設の保守管理を目的に1979年に設立、当初社名は帝石パイプライン管理(株)として事業を開始しました。
日本海と太平洋を結ぶ330km、国内初の長距離高圧ガスパイプラインとして東京ラインが運用を開始したのはその17年前に遡りますが、それを含めても当時私たちが管理するパイプラインは、まだ総延長600km足らずでした。

その後、クリーンで供給の安定した天然ガスは、積極的な需要開拓とともに市場を徐々に拡大していきます。
国産天然ガス中心であったガスソースも、直江津の自社基地への海外LNGの受入れなどによって多様化していきます。
パイプラインは基幹ラインの複線化を目的に新東京ラインが建設され、さらに甲府から静岡、そして富山へとネットワークを面的に広げていきました。こうしたガス事業の成長に合わせて、当社の役割も広大していきます。組織や機能を再編拡充、またスタッフも増強して経験や実績を積み重ね、今はパイプライン沿線に10支所・2分室を配置し、新潟を起点に関東甲信・北陸・東海と、1,500kmを超える広域ネットワークを管理・運営する会社に成長してきました。

私たちの使命 (株)INPEXの国内ガス事業は、新潟県の南長岡ガス田を中心とする国産ガスの生産、直江津基地での海外LNG受入れと気化ガスの製造、そして卸先都市ガス事業者や地域の工場などへのガス販売と、多くの機能の連携によって成り立っています。
私たちは、パイプラインを通じて天然ガスを輸送する業務、生産・製造拠点と需要地・需要家を繋ぐチェーンの役割を担っています。環境にやさしいエネルギー天然ガスを、チェーンに繋がる地域の家庭や工場に、安全に安定して届けること、そして生活や産業に欠かすことのできないエネルギー供給を通じて、地域社会の豊かな暮らしや活発な経済活動を支える社会基盤であり続けること、それが私たちの使命です。

そのために、ガスを一時たりとも止めないよう、そして異常を速やかに発見できるよう監視センターでは24時間体制で全線遠隔監視を行い、各支所スタッフによるラインパトロールや施設点検を通じた輸送管理を継続しています。
また健全なパイプラインを維持するための関連施設の保全や設備の補強・改造などインフラ強化に努めるとともに、他のエネルギー関連事業者との連携強化で緊急時のガス融通体制についても整備を進めています。
さらに地下埋設されて切れることなく繋がるライン敷設ルートの確保のために、官公庁や市町村を含めて沿線・地元の方々との良好な関係を守り、それらを支える安全衛生管理(HSE)、渉外部門、調達部門、本社コーポレート部門(総務・人事・経理)を含めて、全社が一体となってその任務に向き合っています。

社会や環境の変化、私たちも変化を 世界的規模での気候変動の進行、さらに社会構造の変化など、私たちを取り巻く事業環境も急速に変化しています。近年は、大型台風の接近・上陸でパイプライン沿線エリアを含む各地で大きな被害が生じ、豪雨による河川氾濫、洪水、浸水被害、連動する土砂災害なども多発しています。

こうした異常気象や自然災害・地球温暖化の根本原因が、私たち人間の活動に伴って排出されるGHG(温室効果ガス)の影響だとすれば、次の世代への責任として持続可能な社会を実現するために、可能な限りこれを低減する取組、低炭素の推進は私たちの義務ともいえます。私たちは「2050ネットゼロカーボン」を目標として、GHG排出削減や省エネ推進に積極的にチャレンジしていきます。

また、多発化・激甚化する自然災害からパイプラインを守り、公益性の高いエネルギー供給システムを維持し続けるために、一層効率的で安全なライン管理を目指していきます。
さらに、こうして一緒に会社を支え一緒に挑戦していくスタッフに対しても、働きやすく能力の発揮しやすい就業環境を整備し提供していきます。
天然ガスの安全安定供給は私たちの変わらぬ使命ですが、しかし社会環境の変化に真摯に向き合い、柔軟に対応しながら私たち自身も挑戦を続け進化していきたいと考えています。

会社の原動力、仲間とともに 会社の原動力は、そこにいるスタッフ・個人の力であり、それは会社の大切な財産です。そして個性の異なる個々の力が集まり、組織一体となってより大きな推進力が生まれます。

皆さん一人一人が強い意志をもって考え、行動する姿勢を持ち続けてください。そして変化する時代の扉を開くために、ともに働く仲間と一緒に大きな力でそれを実現していきましょう。
豊かでクリーンな社会を支え続けていくという、高い志を持った皆さんと一緒に働く日を心待ちにしています。

代表取締役社長山本 幸伯

Entry採用情報

View More

Entry 01新卒採用(大卒)

Entry 02新卒採用(高卒)

Entry 03キャリア採用

Contactお問い合わせ(公式サイトへ)
Contactお問い合わせ(公式サイトへ)